先日、何気ないメールのやり取りの中で
不意に言われた言葉がずきんと胸に響きました。
かつてそういうことを私に言ったのはもう20年近く前、
K氏だった。
K氏以外に、私にそういうことを言うひとが現れるとは思ってなかった。
彼にとったら特別なことではないのだろうけれど、
私にとっては特別なことだったので、
心に響いて涙が出てきました。

2度しか会っていない彼の印象は、
好感度は高いけれど、私がいつも好きになるタイプ(これがいいか悪いかは別として)
とは違う。

だから余計にびっくりしたというか。

彼のことをもっと知りたいとか
彼を大切にしたいとか。
この間から思っていた「なんとなく」よりもずっと強く
そう思うのでした。


ちなみに本家・K氏からは
また転勤することになったという連絡がありました。
だけどそんなメールに対してさえ
まだ返信できずにいます。

素直に近況を報告できる日が来るといいな。
[PR]
by achi005 | 2010-03-19 21:09 | 婚活
久しぶりにK氏から着信。
この人からの電話には出ないことにしているので
じつはもう何年も電話に出ていません。
この3年くらいは彼も留守電にメッセージを入れなくなっていて。
何の用件なんだろう?って一瞬思うだけで
着信の理由を詮索することもせず。

メールはときどき返信するんだけどね。
気まぐれで。
そういえば、年末にもらったメールには、
返信できてなかった。
メールにマメな私がスルーする、唯一の相手がK氏。

電話に出ないのも、メールに返信できないのも、
ただ単に、自分が幸せをつかめてないからなんだと
自己分析しています。
幸せっていうのは、いわゆる結婚とかそういう意味での。
彼の前では幸せな私でいたい。
誰かに愛されている自分でいたい。

と、ここまで書いたところで。
今度はメールが来た(笑)
会いたいって言っている。
親友を交えた3人で。

だけど、やっぱりまだ会えないんだよ。
残念だけど。
[PR]
by achi005 | 2010-01-26 21:09 | 日々
K氏のバースデイ。

わかっていながらメールを送らないのは、最後の抵抗。
「おめでとう」は、こころのなかで。


彼がメールを待ってるって。
わざわざ伝えてきた親友。

わかっているくせに。

わたしの意地っ張りなところを。


いまさら素直になったって、どうにもなんないんだから。
[PR]
by achi005 | 2009-06-15 23:17 | 日々
ひょんなことからK氏にも私が婚活していることが伝わってしまいました。

彼のセリフ。「婚活なんてしなくていいのに」

・・・。

勝手なことをいう。
この先、面倒見てくれるわけじゃないのに。

がんばってんだから、余計なこと言わないでよ。

抗議のメールを送り返したら―――


「後悔してる」


って。


「素直じゃなかった」


って。


20年も前のハナシ。
今さらそれはないでしょ。。。



久しぶりに泣きました。
[PR]
by achi005 | 2009-05-11 23:14 | 日々
長いGWのあいだに誕生日を迎えました。

日付が変わった深夜に、メールの着信。ベッドの中で「迷惑メールかなあ」と思いながら携帯を見ると、元カレからの「おめでとう」メッセージ。起きていたので「ありがとう」を返信。続いて他愛の無い会話のやりとり。
少し前の、元カレの誕生日にはあえておめでとうのメールを送らなかった私。長い付き合いで初めてのこと。だから、当然来ないものと思っていたのだけれども。
そんなことは気にしないのがこの人のやりかたでした。そういえば。

複雑な思いを抱えながら眠りにつきました。

そして夕方には、学生時代の思い出の人・K氏からもおめでとうのメール。私が学生のころに気まぐれで発した思い出の言葉を添えて。彼はそういう人。

ただそれだけ、の誕生日。
30代のラストイヤーが静かに幕を開けました。
[PR]
by achi005 | 2009-05-06 23:19 | 日々
顔も見たことのない人と、ちゃんと向き合うことはたぶん簡単でないと思います。表面的な会話だけならいくらでも適当にできるだろうけれど。
でも、ちゃんと受け止めてくれたのだろうと思えるので、本当にすっきりしています。
本当に縁があればまた会う機会もできるだろう。。。
今は嘘みたいに、気持ちが晴れ渡っています。

それでもきのうから涙腺が緩みっ放しで、ちょっとしたことで涙目になるのですが。
例の大学時代に大好きだった友人(K氏)から、さっきなんでもないメールが届きました。本当にタイミングの悪い人です。涙ばっかり出てきます。
[PR]
by achi005 | 2008-12-31 13:44 | 婚活
以前の日記に書いた昔大好きだった彼から、今朝メールが来ました。彼が今住む町から見える、晴れ渡った富士山の画像を送ってくれた、ただそれだけ。それだけだけど、今日みたいな日は、心にしみます。そんな彼だから、好きだったんだなーって。
[PR]
by achi005 | 2008-12-27 23:39 | 日々
Cさんはとても忙しいらしく、お休みが全然ない。ちゃんと責任をもって仕事をする男の人が好きなので、多忙は歓迎。

携帯メールを教えてもらってから、何度か携帯で連絡をとりました。内容は短くても、すぐに反応がある分、私の気持ちは楽。でも、仮想の人柄に、以前にも増して惹かれている気がするのです。まだ会っていないというのに。やばいです。だめです。まずいです。これは。

むかしむかし、結局片思いを貫いてしまった大好きな人は、言葉にすると恥ずかしくなるような心の声を、きちんと丁寧に説明してくれました。心でつながるというと大げさかもしれないけれど、誰よりも心の深いところで理解し合えている関係でした。それは私が思っている以上に、相手がそう信じているようでもあって、今でも私のことを心配してたびたび連絡をくれます。もう十年以上も前に、勝手に結婚したくせに。(ちなみに昨年、「学生のころ好きだったんだ」なんて、間抜けな告白を受けました。今頃言うな、ですよ。まったく)

で、元カレは真逆な人で、人の心の襞や機微にも疎いし、「言わなくてもわかっている」を繰り返すばかりで、実際には何もわかっていない人でした。よく十年もつきあってたなー、我ながら。時々、びっくりするくらいに「よくわかって」くれていることもあったから、続いたんだと思うのですが。

で、何が言いたいかというと、Cさんは間抜けな片思い君タイプ。私の投げた言葉にきちんと向き合って、考えてくれている(気がする)。ずっとその感覚に飢えていたので、余計に心に響くのです。

最短でも会えるのは十日後以降。それまでに勝手に盛り上がりすぎないよう、気持ちの整理をしなくては。なんだか他の人たちとのやりとりが億劫になってきました。
[PR]
by achi005 | 2008-12-13 23:06 | 日々